MENU

いまさら聞けないキャットフードの基礎知識

ウェットキャットフードの種類

ウェットキャットフードの種類 キャットフードは水分の含有量によってドライタイプ、セミモイストタイプ、ウェットタイプに分けられます。その中でも水分を75%程度含むウェットキャットフードの種類についてご紹介いたします。

目的による分類

ウェットキャットフードは目的によって総合栄養食とその他のキャットフードに分けられます。それぞれの特徴は以下の通りです。

総合栄養食

猫の成長に必要な栄養成分がバランスよく配合されたものが総合栄養食。水とともに与えれば猫が成長に必要なエネルギーを十分に摂取できます。したがって、総合栄養食は猫の食事にもっとも重要な主食であるといえるでしょう。

その他のキャットフード

その他のキャットフードは一般食や栄養補完食、副食などと表記されるもの。総合栄養食と併用して与えることが基本とされており、それだけでは猫が必要とする栄養素を満たしません。その他のキャットフードを与える際は必ず総合栄養食のおかずまたは間食として与えることが大切です。

形状による分類

ウェットキャットフードは形状によっても分類できます。猫の好みや体調などに合ったものを選びましょう。主な種類は以下の3つです。

フレークタイプ

缶詰タイプに多いフレークタイプは食感を残した形状。魚など素材本来の味や食感が残っているため、猫にとって満足感があることが特徴です。魚などの素材がいかされたフレークタイプのキャットフードは猫の栄養源であるタンパク質や運動量の多い猫のカロリー補完にも使えます。

パテタイプ

パテタイプはペースト状のキャットフード。肉や魚などさまざまな原材料を混ぜて作られているものが多く、猫にとって嗜好性が高いことが特徴です。パテタイプはドライキャットフードにも混ぜやすく、総合栄養食への食いつきが悪くなった猫にも与えやすいです。

シチュータイプ

シチュータイプは最も多く水分を含んだもの。ドライタイプのキャットフードにトッピングするほか、水分補給が苦手な猫の間食としても使用できます。嗜好性も高いですが、食欲がない猫に与えるときは冷蔵庫から出した後、電子レンジで20秒ほど温めると香りが立ってさらに嗜好性が上がるでしょう。

まとめ

ウェットタイプのキャットフードにはさまざまな種類があります。与える目的や猫の体調を考え、最も適したものを選びましょう。
なお、水分を多く含むキャットフードは傷むのが早いです。開封後は冷蔵庫で保管し、できるだけ早く使い切るようにしてください。
こちらではドライタイプのキャットフードについて詳しい解説サイトがあります。
ランキングや口コミで人気のキャットフードも紹介されていますので是非ご覧ください。