MENU

いまさら聞けないキャットフードの基礎知識

激安キャットフードの危険性

激安キャットフードはコストを下げるため、高級キャットフードと比較して粗悪な材料が使われていることが多いです。激安フードに含まれる成分や健康への影響についてご紹介いたします。

激安キャットフードに含まれる危険な成分

キャットフードは安いものから高いものまで商品によって価格が大幅に異なります。
値段に差があるのは使用されている材料が異なるためです。
高価なキャットフードの成分が必ずしも猫の健康に良いとは限りませんが、激安フードには猫の健康に悪影響な成分が含まれていることも多いです。

激安キャットフードに含まれる危険な成分は主に以下の2つです。

質の悪いタンパク質

タンパク質は猫のエネルギー源であり、不可欠な栄養素の一つです。
激安キャットフードには新鮮でないものや死亡した家畜の肉や骨を加工したものなど人間が食べずに廃棄するタンパク質を使用した商品があります。ミート・ミールや副産物、肉骨粉などの成分表記があるものは激安でも購入しないように注意しましょう。

添加物

激安キャットフードには健康に害を及ぼす添加物が含まれていることが多いです。特に注意したい添加物は食品添加物として使用が許可されていないエトキシキンや発がん性があるBHAなどの酸化防止剤。
賞味期限を延ばすために使用されていますが、ローズマリー抽出物など自然由来の成分を含む商品を選ぶ方が安全です。 キャットフードに含まれている添加物についてはこちらでも詳しく解説されています。

激安キャットフードの影響

激安キャットフードが引き起こす可能性がある健康への悪影響は以下の通りです。

病気のリスクを高める

発がん性のある添加物を含むキャットフードを与えれば、ガンのリスクが高まります。また、激安キャットフードは本来肉食の猫にとって必要がない穀物を多く含んでいることも多く、消化器の病気につながる危険性もあります。

アレルギーを引き起こす

トウモロコシや米、小麦などの穀物はアレルギーの原因です。嘔吐、下痢、発疹、脱毛などの症状が出る可能性があるため、穀物が主原料ではないキャットフードを選びましょう。

栄養が不足する

激安キャットフードは猫の成長に悪影響を及ぼす危険性もあります。
ミート・ミールや副産物が使われている場合、発育を妨げることがあるため、特に成長段階の子猫には与えない方が良いです。

口臭や体臭がきつくなる

質が悪い材料や人工香料などの添加物を多く含む激安キャットフードは口臭や体臭の原因です。
特に口臭が酷い時は胃もたれを起こしている可能性もあるため、キャットフードを替えて様子を見てみましょう。

まとめ

キャットフードは猫の健康を支えるものです。
激安キャットフードは質の悪い材料を使用していることがあるため、購入前に成分を確認することで猫の健康を守りましょう。
品質とコスパの良いおすすめのキャットフードがこちらで紹介されています。