MENU

いまさら聞けないキャットフードの基礎知識

総合栄養食以外のキャットフードの活用のしかた

キャットフードは総合栄養食とそれ以外のものに分けられます。猫の成長に必要な栄養がべランスよく配合された総合栄養食に対し、それ以外のものはカロリーを補ったり、食いつきを改善したりすることを目的としていることが特徴。商品によって表記も「副食」、「一般食」、「栄養補完食」などさまざまです。
人気のある総合栄養食タイプのキャットフードはこちらをご覧ください。

今回は総合栄養食以外のキャットフードの活用のしかたをご紹介いたします。

総合栄養食にトッピング

総合栄養食以外のキャットフードはトッピングとして活用できます。総合栄養食にその他のキャットフードをトッピングするメリットは主に3つです。

嗜好性が高まる

猫は好き嫌いがわかりやすい動物であるといわれています。総合栄養食以外のキャットフードは猫の嗜好性に合ったものもあるため、普段与えている食事にトッピングすると食いつきが良くなること多いです。

水分の摂取量が増える

その他キャットフードのなかでも、水分が75%程度のウェットタイプのキャットフードを与えると水分の摂取量を増やせます。

猫が一日に必要な水分量は体重1kgにつき50mlと考えられていますが、ドライタイプの総合栄養食を与えている場合、水分が不足してしまうことも多いです。
猫があまり水分をとらないようであれば、その他のキャットフードで補いましょう。

タンパク質の摂取量が上がる

猫は本来肉食の動物ですが、ドライフードをはじめとした総合栄養食には穀物類などの炭水化物が多く含まれています。

猫のエネルギー源でもあるタンパク質を積極的に摂取させたい場合はタンパク質の含有率が高いキャットフードを与えると良いでしょう。

間食として与える

成猫の場合は朝夕二食が基本ですが、運動量が多いなどの理由で摂取カロリーを増やしたいときには間食を与えられます。
参考URL http://www.augustalynx.com/snack.html
上記サイトにも書かれていますが、おやつを与えることで愛猫とのコミュニケーションを深めることもできるそうです。

総合栄養食で一日に必要な栄養素をバランス良く摂取できている場合は毛玉対策や歯垢対策など猫の健康状態に合わせたその他のキャットフードを選ぶのもおすすめです。

まとめ

総合栄養食以外のキャットフードはトッピングに使ったり、間食として与えたりとさまざまな方法で活用できます。猫の体調や好みに合わせてキャットフードを選び、栄養バランスを考えながら適量を与えましょう。
参考URL http://www.sandiegoperforms.com/changes.htm
こちらでは猫用のサプリメントについて詳しく解説されています。
サプリメントは普段の食事では補いきれない栄養分を摂ることができます。
足腰が弱ってくる高齢猫にはコンドロイチンのサプリメントがおすすめです。