MENU

いまさら聞けないキャットフードの基礎知識

キャットフードの正しい保存方法

キャットフードは人間の食事と同様に傷んだり、酸化したりしないように正しい方法で保存しなければなりません。保存方法や保存場所に関する注意点は以下の通りです。

  • しっかりと密閉する
  • 高温多湿の場所は避ける
  • 直射日光を避ける
  • 温度変化を避ける
  • できる限り早く使い切る

キャットフードの賞味期限はドライタイプの場合、開封後約1か月、ウェットタイプの場合は開封後約1日程度です。
ドライタイプは賞味期限が長いですが、開封後すぐに酸化が始まるため、できるだけ早く使い切ることが大切です。

保管場所としては床下収納や食器棚など温度が低めで直射日光を避けられる場所がおすすめです。

ドライキャットフードの保存方法

ドライタイプのキャットフードに含まれる脂肪が酸化すると悪玉コレステロールに変化し、動脈硬化やがんを引き起こす可能性があります。ドライキャットフードを保存する場合はできる限り酸化を起こさないように工夫することが重要です。

ドライキャットフードの酸化を防ぐためにはできる限り空気に触れさせないようにしましょう。開封後は1回分に小分けして密閉できる容器に食品乾燥材とともに保存する方法がおすすめです。大袋を購入した場合は冷凍保存し、1回ずつ自然解凍すると酸化を防げます。

なお、冷蔵庫はドライキャットフードの保存場所として適していません。冷蔵庫内に保存すると取り出した時に温度変化にさらされて傷みやすくなったり、食感が悪くなったりすることもあるため、避けた方が良いでしょう。

ウェットキャットフードの保存方法

水分を75%程度含むウェットキャットフードは開封後の劣化が早いため、24時間以内に使い切りましょう。一時的に保存する場合はラップで包み、冷蔵庫で保存してください。おなかが弱い猫の場合は冷たいキャットフードで下痢を起こすこともあるため、常温に戻してから与えることも大切です。

味やにおいが劣化することもありますが、どうしても長期間保存したい場合は冷凍保存も可能です。冷凍するときはラップに包み、さらに密封できる容器に入れて保存し、なるべく早く使い切りましょう。

まとめ

キャットフードは酸化や劣化を防ぐためにできるだけ早く使い切ることが大切です。長期間保存する場合は涼しい場所や冷凍庫で保管し、空気に触れないように注意してください。

お湯でふやかしたキャットフードや他の食材を混ぜてアレンジしたキャットフードは劣化が早いため、食べ残したときはすぐに廃棄することをおすすめします。