MENU

いまさら聞けないキャットフードの基礎知識

キャットフードに含まれる栄養素(炭水化物)

キャットフードにはタンパク質や脂質、炭水化物などの栄養素が含まれています。今回はキャットフードに含まれている炭水化物についてご説明いたします。

猫と炭水化物

炭水化物は糖質と繊維質で構成される栄養素です。糖をエネルギー源とする人間にとっては不可欠ですが、猫にとっては重要ではありません。

猫は本来肉食動物であり、主なエネルギー源はタンパク質や脂質。元々、ネズミや鳥、爬虫類などを食べて生きてきたため、炭水化物はネズミが食べた未消化の穀物などから少量を摂取していた程度です。

炭水化物を含むキャットフード

猫にとっては重要でない炭水化物ですが、穀物は肉類と比較してコストが安いため、キャットフードに含まれていることは多いです。
その一方、炭水化物は猫の体に負担をかけることもあるため、キャットフードを選ぶときは以下の2点に注意しなければなりません。

炭水化物が主原料でないものを選ぶ

キャットフードは原材料の表記が義務付けられています。多く含まれているものから順に表示されているため、一番初めにトウモロコシや小麦などの穀物が記載されたキャットフードは避けましょう。

猫の唾液には消化酵素の一種であるアミラーゼが含まれていません。そのため、炭水化物に含まれるデンプンや食物繊維の消化、吸収が苦手です。
炭水化物を与えすぎた場合、消化不良を引き起こす危険性もあるため、炭水化物の含有量が少ないキャットフードを選びましょう。

猫の場合は総エネルギー量のうち、炭水化物からのエネルギー量は半分以下に留めることが理想的です。

アレルギーに気をつける

炭水化物を多く含むトウモロコシや小麦などにアレルギーを起こす猫は多いです。穀物を使ったキャットフードを与える場合は下痢や脱毛等のアレルギー症状が出ないか確認してください。

アレルギーが出た場合は穀物類を使用していないグレインフリーのキャットフードを与えるのも良いでしょう。
キャットフードによるアレルギー反応についてはこちらでもわかりやすくまとめられています。

まとめ

炭水化物は猫にとっては重要な栄養素ではありません。消化器官に負担をかけたり、アレルギーを引き起こしたりする恐れもあるため、キャットフードは炭水化物の含有率が低く、肉や魚が主原料のものを選ぶと安心です。
また、危険な添加物を使用していない、できたら無添加のキャットフードを選ぶことが望ましいでしょう。