MENU

いまさら聞けないキャットフードの基礎知識

穀物入りキャットフードのメリット・デメリット

市販のキャットフードには小麦やトウモロコシなどの穀物が含まれていることが多いです。猫にとって穀物入りキャットフードはどのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。

猫は肉食動物

猫は本来完全な肉食動物です。ネズミなどを食べて暮らしている猫はトウモロコシや小麦、米などの穀物を摂取せず、主にタンパク質や脂肪から栄養を得ています。その一方で、ネズミの胃に穀物が残っていれば、猫も自然と穀物を口にします。

自然界では動物を通して口にした穀物を消化することから猫にとって有害であるとは言い切れません。

穀物入りキャットフードのメリット

穀物入りキャットフードのメリットは以下の通りです。

ビタミンやミネラルを補える

猫も人間と同様にビタミンやミネラルが必要です。穀物入りのキャットフードを与えれば、肉や魚には含まれていないビタミンやミネラルを摂取できます。

価格が安い

穀物入りキャットフードはグレインフリーキャットフードと比較して安価である場合が多いです。特にトウモロコシや小麦、米などが主原料であるキャットフードは安い傾向にあります。

腎臓病を持つ猫に与えられる

穀物入りのキャットフードは多量のタンパク質を含んでいないことが多いです。腎臓病の猫には高たんぱくのキャットフードが負担となりますが、穀物入りキャットフードは症状が悪化する心配がありません。

穀物入りキャットフードのデメリット

穀物入りキャットフードのデメリットは以下の通り。

アレルギーを起こしやすい

猫の食物アレルギーの主な原因はキャットフードです。小麦やトウモロコシはアレルギーを起こしやすい食品であり、キャットフードを切り替える際は注意が必要です。
病気でないのにもかかわらず、下痢や嘔吐、皮膚のかゆみ、脱毛などの症状が現れた場合はキャットフードの成分を確認してみましょう。

消化が難しい

本来肉食である猫は大腸が短く、穀物の消化が苦手です。また、猫の唾液には穀物に含まれるデンプンを消化するアミラーゼが含まれていません。さらに、盲腸もないため、食物に含まれるセルロースも消化できません。

穀物をうまく消化、吸収できなければ、栄養不足にもつながります。

まとめ

ビタミンやミネラルなどの栄養を摂取できる穀物入りキャットフードはアレルギーや消化不良の原因の一つです。購入を検討している方は事前にアレルギー検査を受けたり、少量ずつキャットフードを切り替えたりと工夫してみましょう。