MENU

いまさら聞けないキャットフードの基礎知識

キャットフードに含まれている4Dミートとは

キャットフードを購入するときは成分表の確認が大切です。「ミートミール」や「肉副産物粉」と表記されている場合、猫にとって危険な4Dミートが含まれている可能性があります。今回は4Dミートとなどのようなものなのかについてご説明いたします。

キャットフードに含まれる「ミートミール」、「肉副産物粉」

キャットフードの成分表で「ミートミール」や「肉副産物粉」というものを見たことはありませんか。主に価格が安いキャットフードに含まれているミートミールや肉副産物粉とはどういうものなのでしょうか。

ミートミールは動物の爪や毛、血液、胃などを生成したもの。肉副産物粉とも呼ばれています。猫は本来肉食であり、動物を食べるときにこれらも一緒に口に入れますが、特に問題はありません。また、内臓部分には栄養も含まれています。

それにもかかわらず、ミートミールが問題であると考えられているのは4Dミートを含んでいる可能性があるためです。

4Dミートとは

「4Dミート」は肉の品質を表すアメリカの基準です。

4Dは

  • Dead:死んでいる
  • Dying:死にそうな
  • Diseased:病気の
  • Disabled:けがをした

の略であり、4Dミートは栄養価も低いです。

人間がこれらの肉を口にすることはありませんが、キャットフードは4Dミートを使用することを禁止されていません。そのため、特に価格の安いキャットフードはコストを抑えられる4Dミートを使用している可能性があります。

4Dミートは見た目や臭いでは区別できません。成分表に「ミートミール」や「肉副産物粉」と表示されている場合、実際にどのような肉が使われているのかわからないため、避けた方が良いでしょう。

「チキン」、「ターキー」、「サーモン」などと具体的に食材名が記載されているキャットフードを選ぶと安心です。

まとめ

4Dミートは死んだ動物や病気にかかった動物の肉を加工したものです。栄養価が低く、長期間与え続けていると健康に害を及ぼす恐れもあるため、キャットフードを選ぶ際は具体的に食材名が表記されたものを選びましょう。