MENU

いまさら聞けないキャットフードの基礎知識

キャットフードの添加物(エトキシキン)

キャットフードには酸化防止剤や着色料、香料などの添加物がたくさん含まれています。これらの添加物はキャットフードを長持ちさせたり、見た目を美しくしたりしますが、危険があるものも多いです。
特にエトキシキンは猫の健康に害を与える酸化防止剤です。

キャットフードに含まれるエトキシキン

キャットフードには酸化しやすい脂質が多く含まれています。酸化したキャットフードは下痢や嘔吐の原因であるため、酸化を予防するために酸化防止剤が用いられます。

酸化防止剤にはさまざまなものがありますが、特に防腐力が強く、価格が安いのが「エトキシキン」。日本をはじめとして世界中でペットフードに使われています。

エトキシキンの問題点はがんや皮膚病、臓器の障害、アレルギーなどさまざまな病気を引き起こす危険性があること。人間が口にする食品に添加したり、農薬として使用したりすることは禁じられています。

その一方、ペットフードにはエトキシキンの使用が禁止されていません。ペットフード安全法では発がん性があるBHAやBHTという酸化防止剤と合わせて150ppm使用することが認められています。

少量であっても、毎日エトキシキンを含んだキャットフードを与えれば猫の健康に悪影響です。猫の健康を考える場合は酸化防止剤としてエトキシキンを使っていないキャットフードを選ぶことを心がけましょう。

安全な酸化防止剤

全ての酸化防止剤がエトキシキンのように猫の健康に害を及ぼすわけではありません。ローズマリー抽出物や緑茶抽出物などの天然成分から抽出、精製されたビタミンEは健康に悪影響でない酸化防止剤です。
また、天然のビタミンEに酢酸を加えたミックストコフェロールは酸化防止力は低いですが、健康への害もありません。

キャットフードは天然のビタミンEが配合されたものを選び、猫の健康を守りましょう。

まとめ

キャットフードには多くの添加物が使われています。酸化防止剤の一種であるエトキシキンは発がん性が認められている危険な添加物です。キャットフードを選ぶときは原材料表示を確認してエトキシキンが添加されていないものを選びましょう。

猫は自分で食べるものを選べないため、飼い主が責任をもってキャットフードを選び、健康を守ってあげることが大切です。