MENU

いまさら聞けないキャットフードの基礎知識

アレルギー対策用キャットフード

人間と同じように猫にも食物アレルギーの症状が現れることがあります。猫にアレルギー症状が出た場合、キャットフードはどのように選べば良いのでしょうか。アレルギー対策用キャットフードの選び方をご紹介いたします。

猫のアレルギーとは?

アレルギーとは細菌やウイルスから体を守る免疫が害のないものにまで過剰に反応することを意味します。猫のアレルギーの症状は主に肌のかゆみや湿疹、脱毛などであり、食物アレルギーの症状がひどい場合は下痢や嘔吐などの症状も現れます。

猫がアレルギーを持っている場合はアレルギー対策用のキャットフードを与えて症状を予防することが重要です。

猫がアレルギーを起こしやすい食べ物

猫がアレルギーを起こしやすい食べ物は肉類、魚類、穀物などさまざま。特に牛肉、豚肉、鶏肉、乳製品、小麦やトウモロコシなどの穀物、卵はアレルギーを起こしやすいと考えられています。

アレルギーを起こすと食事を与えた数分後にかゆみなどの症状が現れるため、食後に皮膚を気にするようであればキャットフードを切り替えてみると良いでしょう。

アレルギー対策キャットフードの選び方

アレルギー対策キャットフードを選ぶときに確認すべきポイントは以下の3つです。

アレルゲンが含まれていない

アレルギーを引き起こす物質をアレルゲンと呼びますが、アレルギー対策キャットフードを選ぶときはアレルゲンが入っていないか確認することが最も重要です。

一例を挙げると、牛肉が主材料のキャットフードを与えてアレルギー症状が出た場合は主材料が鶏肉やラム肉などの商品に切り替えてみましょう。サーモンなどの魚は比較的アレルギーが出にくいため、肉類でアレルギーを起こしたときは主原料が魚のキャットフードを試してみるのもおすすめです。

穀物の使用量が少ない

トウモロコシや小麦などの穀物も猫のアレルギーを引き起こすが多いです。穀物でアレルギーを起こしている時は主原料が肉や魚などのキャットフードに切り替えれば症状の改善を期待できます。

添加物の含有量が少ない

着色料や香料、酸化防止剤などの添加物にアレルギーを持つ猫もいます。特に酸化防止剤であるBHAやBHTなどは発がん性もあるといわれる物質であるため、アレルギーを持つ猫のキャットフードを選ぶときには避けた方が無難です。

まとめ

人間と同じように食物アレルギーを持つ猫も少なくありません。アレルギー症状が出たらまずは獣医師の診察を受け、キャットフードを切り替えて症状の改善を目指しましょう。

一つのものを食べ続けるとアレルギーを起こすという考えもあるため、2~3種類のキャットフードをローテンションで与えるのもおすすめです。