MENU

いまさら聞けないキャットフードの基礎知識

妊娠・授乳期用キャットフード

妊娠中や授乳期は母猫自身に加え、子猫の成長にも十分なエネルギーを摂取しなければなりません。
必要な栄養素が十分に配合されていないキャットフードでは栄養不足に落ちる可能性もあるため、妊娠中や授乳期は栄養バランスが整ったキャットフードに切り替えることをおすすめします。

妊娠・授乳期用キャットフードの選び方

妊娠中や授乳期に与えるキャットフードは次の点を確認して選びましょう。

高カロリー

妊娠中や授乳期は消費カロリーが増加します。特に妊娠中には通常の1.5倍のカロリーを摂取すべきであるため、食事の量を増やすか高カロリーのキャットフードを与えなければなりません。

妊娠期間中でもあまり食べる量が増えない猫には高カロリーの妊娠・授乳期用キャットフードを与え、カロリー不足を予防しましょう。

添加物が含まれていない

着色料や酸化防止剤などの添加物は子猫の体に負担を与える可能性があります。無添加のキャットフードや自然由来の原材料が使用されたキャットフードを選べば子猫への悪影響も予防できます。

妊娠・授乳期に摂取したい栄養素

妊娠中や授乳期の猫は栄養バランスのとれた食事を摂取しなければなりません。妊娠・授乳期に取りたい栄養素を確認しておきましょう。

タンパク質

牛肉や鶏肉などに含まれるタンパク質は猫にとって重要な栄養素です。タンパク質には筋肉を維持したり、被毛を作ったりとさまざまな働きがあります。さらに猫にとってタンパク質はエネルギー源でもあるため、妊娠中や授乳期でも欠かすことができません。

また、猫は穀物に含まれる炭水化物と比べてタンパク質の消化が得意です。普段、穀物がメインのキャットフードを与えている場合も妊娠中や授乳期は肉や魚などタンパク質がメイン材料のキャットフードに切り替えることをおすすめします。

タウリン

タウリンは魚介類に含まれる栄養素であり、必須アミノ酸の一つです。猫にはタウリンを体内で合成する機能が備わっていないため、食事から適切な量を摂取しなければなりません。
この猫に必要なタウリンという栄養素については下記サイトで詳しく解説されています。
参考URL http://www.richmondvt.com/taurine.html

タウリンには目や心臓、肝臓を健康に保つ働きがありますが、特に注目したいのが健康な発育を促す効果。胎児の健康的な成長にも必要であると考えられています。

ビタミンE

レバーなどに含まれるビタミンEには抗酸化作用があり、さまざまな病気の原因である活性酸素の働きを弱める効果があります。妊娠中にはビタミンEが不足しやすいため、キャットフードから十分な量を摂取することが重要です。

まとめ

妊娠中や授乳期は子猫まで十分に栄養が行き渡らなければなりません。通常の食事では栄養が不足してしまうこともあるため、カロリーや栄養バランスを考えたキャットフードで母猫と子猫の健康を守りましょう。
こちらではプレミアムキャットフードが紹介されています。
年齢問わずいつでも品質の良いキャットフードを与えてほしいものですが、とくに妊娠中は細心の注意をはらって選んでほしいものです。